暮らしとともに成長する家

空に一番近い部屋 屋上のある家
屋上、テレワークスペース、ニューノーマルな暮らし
【耐震等級3・構造計算】

こだわりのポイント

新型コロナウイルスの流行から、生活スタイルや働き方に大きな変更が余儀なくされました。テレワークの導入が大きく進んだ企業もあり、自宅で丸一日を過ごすようになった方も多いと考えられます。

そういった時勢の中で、住宅はより居心地のよさや機能を求められるようになりました。

今回は「暮らしやすい」「遊びやすい」「働きやすい」をコンセプトに設計を行いました。

屋上のある家

◇設計
コロナ禍でのライフスタイルの変更を踏まえ、テレワークスペースや感染予防対策として玄関先の手洗い場、”今”に応じた設計となっています。100㎡未満の延床面積でスペースが限られる中、屋上を設けることで居住空間を増やす工夫を行いより快適な自宅時間を可能としました。

◇デザイン
ダークブラウンを基調としたスタイリッシュモダンなデザインとなっています。黒、白、茶の割合が多くシックな印象にしつつも、ダイニング部分ではブルーのクロスを採用することでアクセントを加えています。

●家族といる時間や一人での時間 使い方次第で生活が楽しくなる 屋上は空に一番近い部屋

屋上のある家

おうち時間を楽しむことが増えた昨今、より楽しみの選択肢を増やすために屋上の設置を検討してみるのも良いかもしれません。

屋内と屋外では楽しみ方も異なります。シンプルにお日様の下で日向ぼっこをするのも良いですし、夏の暑い日にご家族や友人とビール片手にBBQをするのも良いですね。秋には七輪でサンマを焼いたり、お月見をしたり、テントを張ってグランピング気分を味わえるのも楽しそうです。季節に関係なく、家庭菜園やガーデニング、お子さんやペットの遊び場としても活躍するのもポイントです。

活用方法としてはお庭と近いイメージですね。そのため広い土地を確保することが難しい立地であったり、土地の費用を抑えたい場合には代替案として検討するのも良いです。

ただ、屋上の設置には雨漏りのリスクが増したり、ランニングコストが掛かったりするデメリットもあります。そのためメリットとデメリットの釣り合いを考え、またご自身の用途にあった大きさに設計するなどが必要です。

屋上のある家

●テレワークや子供のリビング学習にも利用できる今どきの書斎

在宅で仕事をする方向けにテレワークスペースをリビングに併設しました。
書斎やテレワークスペースは寝室近くや廊下など意図に応じて様々な箇所に配置されます。今回リビングの隣に設置した理由としては、家族間のコミュニケーションを考え、またオフィスでの”フリーアドレス”に近い形を目指したためです。
近年は家族間のコミュニケーションを重視して住宅を設計される方も増えているため、在宅で仕事をしていてもリビングにいる家族の気配を感じられるようにし、子守を同時に行う必要がある場合でもドアを開けておけばいつでも確認することができます。
また、使う人を決めず、誰もが使えるスペースを目指しました。仕事をしても、趣味に励んでも、勉強をしてもいいです。お子さんが勉強する際も見守りやすい配置にしています。自分一人のスペースでなくなることで次に使う人のことを考え、片付けをする習慣も生まれるかもしれませんね。

屋上のある家
屋上のある家
屋上のある家

【白馬の家】は、
子育て経験者をはじめ、いろいろな専門家や研究者の
知恵やアドバイスにもとづく、
おすすめの提案がたくさんあります。

子育て経験者、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、医療・介護従事者など、HAKUBA groupではグループ内外の専門家と住環境について考え提案しています。

【白馬の家】について詳しくご説明します。

年間1万人以上の住まい探しのお問合せをいただくエステート白馬。地域一番の情報量でお手伝いします。

おすすめのていあん

屋上のある家
屋上のある家 立面図

屋上のある家は、新型コロナウィルスの社会に、家族でより安全に安心に、そして快適に暮らせることを考えました。

屋上、テレワークスペースだけではなく、感染予防対策のための設備や、カースペースの活用など、おうち時間をもっと楽しく。もっと自由に。過ごして下さい。

屋上のある家 建物得高価格帯

●手洗い場は、家に入る最初にあったほうがいい。当たり前の感染対策

新型コロナウイルス流行による影響もあり、最近は手洗いを重視する方も増えてきたのではないでしょうか。玄関先に簡易的な手洗い場を設け、帰宅後に色々触ってしまう前にすぐに手を洗えるようにしました。感染症の流行がなくとも、近くの公園で遊んだ帰りなどは手が汚れてしまっていることも多いので、そんな時でも利便性が感じられます。

玄関に手洗い場を設けることにためらいがある方もいらっしゃるかもしれません。その場合は洗面所を玄関からダイレクトにアクセスできる設計にすると近い利便性を感じることができます。

屋上のある家 玄関に手洗い場
屋上のある家 洗面所

●カースペースはアウトドアリビング

屋上のある家 カースペース
屋上のある家 カースペース

今回のプランはカースペースが2ヶ所あり、そのうちの1ヶ所は庭としての機能も兼ね備えています。

お子さんが小さいうちは道路に出てボール遊びをすることもあり、元気なことが嬉しい分、少し危険じゃないかと心配になることもありますよね。そんな時に柵のある庭があれば、安全な場所を確保できて、かつ不用意に外に出ることもなくなるので安心できることが増えるのではないでしょうか。また、リビングやキッチンからも見えるつくりになっているので、家事をしていても見守りやすい設計です。

【白馬の家】は、
子育て経験者をはじめ、いろいろな専門家や研究者の
知恵やアドバイスにもとづく、
おすすめの提案がたくさんあります。

子育て経験者、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、医療・介護従事者など、HAKUBA groupではグループ内外の専門家と住環境について考え提案しています。

【白馬の家】について詳しくご説明します。

年間1万人以上の住まい探しのお問合せをいただくエステート白馬。地域一番の情報量でお手伝いします。